ホーム > 歯のお悩み

歯のお悩み

  • 詰め物・被せ物 のお悩み
  • 歯の色のお悩み
  • 歯が抜けてしまったお悩み

詰め物・被せ物のお悩み

詰め物・被せ物のお悩み

詰め物・被せ物の悩みは、「口を開けたときに金属が見えて、みっともない」という悩みを抱えていらっしゃる方が非常に多いです。
暮らしの中でいえば、笑ったときや、カラオケで歌ったりしたときに銀歯が見える例などが当てはまります。

患者さんには、以下の対策をお勧めしています。

  • ハイブリッドセラミッククラウン(セラミック<陶器>とレジン<プラスチック>を混ぜた材料でつくられたクラウン<差し歯>)
  • ノンクラスプデンチャー(ブリッジやクラウンの代わりとなる新世代の義歯)

といった新技術、新素材をお勧めしています。
このような新素材は、金属よりも柔軟性があるので対抗歯を磨耗させにくく、また割れにくい、取れにくいといったメリットがあります。
たとえばノンクラスプデンチャーは素材がポリプロピレンで弾力性があり、アンダーカットできるため、取れにくい特性があります。しかも水に浮くほど軽量なので、装着時の違和感はほとんどありません。

歯の色のお悩み



自然歯と人工歯が混在する場合、もっとも多い悩みは「色のバランスが取れていない」というものです。
残念ながら保険治療による色の合わせは限界があるため、こだわった治療をしたい方には、保険外治療をお勧めしています。
ウノンクラスプデンチャーなど新素材の義歯や、歯の表面を薄く削ってセラミックのシェルを付けるラミネートベアなど、歯の色を調整したり白い歯にする技術はいくつかあります。まずはご相談ください。

 

歯が抜けてしまったお悩み

歯が抜けてしまったお悩み

歯が抜けてしまったときの対処法としては、一般的にはブリッジにするか、インプラントにするか、義歯(入れ歯)にするかという選択肢から判断していただきます。

インプラントは1本の欠損から対応でき、咀嚼能率が高く、またブリッジのように他の歯を削る必要がないなど様々な利点があります。しかしその半面、高価で経済的に困難だったり、手術で人工歯根を打ち込む必要があるため恐怖心でできない人がいるなど、物心両面で患者さんの負担がかかることは否めません。
それに対してノンクラスプデンチャーなどの義歯(入れ歯)は、インプラントよりもコスト的なメリットが高く、手術などの必要がありません。

津市の田中歯科では、コスト面や手術への抵抗感など、患者さんのメンタルな部分なども総合的に判断し、インプラントまたは義歯(入れ歯)の2つから判断していただくケースが多いです。
いずれにしても、歯が欠損しているということは「うまくものが噛めない」という状態にあります。栄養面や健康面、そして審美の面からも悪影響を及ぼす可能性があるので、少しでも早い治療を患者さんにお勧めしています。

また、場合によってはインプラントに移行する期間の暫定的な措置として、義歯を使用していただく場合もあります。

田中歯科のインプラント治療は、千葉県の古賀テクノガーデン歯科 古賀剛人先生に協力して頂いています。

古賀テクノガーデン歯科

「痛い」 「噛めない」 「外れやすい」 とお悩みの方
「銀色のバネが気になる」 とお悩みの方へ

見た目が自然に見える ウェルデンツ歯茎にやさしい コンフォート

こんなご相談もいただいています

こんなご相談もいただいています

アンチエイジングに関するご相談で多い事例は

  • 歯並び
  • ものがうまく噛めない

という内容です。
実は、最初からこのような事例を相談される患者さんは少数で、治療を進めていくうちに(会話の中で)本音がボロボロ出てくるといったケースが多いのです。
つまり、本音を言い合える仲になって初めて、こういった悩みを打ち明けてくれるのです。

私が「ビューティーアドバイザーになってよかった」と実感するのは、
患者さんが「私の悩みに真剣に向き合ってくれた!」という驚きと感謝の気持ちを伝えてくれたときです。
「本当にありがとう」という言葉をいただくとき、私たち歯科医師の存在の重要性を、改めて患者さんから教えていただいた気分になります。